バイアグラの効果と運動を併用しましょう

年齢が上がると性行為に支障をきたし始める男性が多くなります

年齢が上がると性行為に支障をきたし始める男性が多くなります。
統計によると、40代から50代の男性の3割から4割の割合で、性行為中や性行為の前に障害が発生したというデーターがあります。
仕事上の疲労の蓄積や睡眠不足などが原因で起こる、勃起不全の症状によるものが代表的な原因になります。
また肉体的な特徴ではなくて、精神面の不安から性行為が満足に行えない場合などがあるのです。
他にも考えられることは栄養の偏りや、成人病などによって慢性的な体調不良が起こり、そのことが原因になって勃起不全になることもあります。
いずれにしてもパートナーとの性交渉に支障をきたしてしまい、人間関係が円滑に行われないなどの家庭不和を呼んでしまうこともあるので治療をすることが望ましいです。
まずはかかりつけの医院に相談し対処出来るならしてもらい、対処が無理なようでしたら専門医や大学病院に紹介状を書いてもらい転院するのが治療の流れになります。
勃起不全であるEDは治療法や緩和改善方法が確立されており、内服薬によって劇的な効果がある薬も一般的になりました。
元は狭心症の治療薬として開発されたバイアグラは、血流の改善効果と血流阻害ホルモンを抑制することにより勃起力の改善をすることが出来る薬になります。
医師による診断と内服時の注意を説明してもらい、院外の処方箋薬局で薬を購入することが出来ます。
保険適用外の薬なので価格は高いですが、一定の効果があるために推奨されている治療法の一つになります。
硝酸剤や一酸化窒素供与剤を常用している人は併用出来ませんので、医師に相談して別の方法を考える必要があります。

■カマグラゴールド100mg(バイアグラ系)検証⑤

朝8:30頃
半錠服用

今回は、食事が禁忌とされるバイアグラで、ウイダーinゼリーを同時摂取するとどうなるのかを検証。


調べではED薬は腸内吸収後に作用するはずなので、食事と言っても「脂質」が含まれていなければ効果に支障はないはず。


【続く】 pic.twitter.com/kaSymyj0Ne

— ミツキ先生@性技の味方 (@Mitsuki_Sense) March 13, 2021

年齢が上がると性行為に支障をきたし始める男性が多くなりますお酒やアルコールとの併用は絶対に避けてください運動は勃起不全を改善していくことに対する効果を望めます